自転車の尾行時の注意点

自転車の尾行時の注意点③

投稿日:

GPSを利用した浮気調査での自転車の尾行の中には、調査対象者が駅から自転車で帰宅するケースも含まれています。

特に徒歩で尾行中、自宅の最寄り駅から出た後に、駐輪場から自転車に乗って移動してしまい、ターゲットを見失うことも考えられます。

ターゲットが駅の近くの駐輪場に入ったら

ターゲットが駅の近くの駐輪場に入った場合にすることは次の2つです。

・走って追いかける
・対象者の自転車の撮影

1.走って追いかける

一番シンプルではありますが、ターゲットがロードタイプなどの自転車に乗って移動した場合、すぐに見えなくなる位置まで到達しているかもしれません。

もし走って追いかけるとしたら、尾行に気づかれないように周囲への注意を怠らないことがコツと言えるでしょう。

2.対象者の自転車の撮影

対象者の自転車を撮影することで、特徴をつかむことにつながります。駐輪場で停めている位置がわかれば、そのスペースも撮影しておきます。

月極の駐輪場であれば、日を改めて見に来るのも良いかもしれません。その際には必ず自転車を用意して、尾行できるようにしておきます。

尾行の目的とは?

浮気調査でターゲットを尾行する目的は、ターゲットの情報を知ることで、ラブホテルなどの密会現場を押さえることです。不貞行為の証拠となる画像や映像を撮影し、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために使います。

GPSの位置情報は浮気調査に役立ちますが、慰謝料請求が認められる証拠にはなりません。本格的な浮気調査を希望する場合には、探偵に相談することをおすすめします。

-自転車の尾行時の注意点

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自転車の尾行時の注意点②

自転車の尾行時の注意点①では、「調査対象者との距離感を意識すること」と、「信号や踏切の位置を把握しておく」ことを紹介しました。②では引き続き、自転車の尾行時の注意点について解説していきます。 尾行スタ …

自転車の尾行時の注意点①

GPSを使用した浮気調査にて、自転車で尾行する際の注意点を紹介します。自転車は小回りが利くことと、自動車やバイクほど道路交通法が厳しくないため、上手に使うことで、尾行のパターンを増やすことにつながりま …